line icon
低周波治療器 ハイボルテージ EU-910 低周波治療器 ハイボルテージ EU-910(Mobile)

低周波治療器 ハイボルテージ EU-910

Scroll

低周波治療器 ハイボルテージ EU-910

低周波治療器 ハイボルテージ EU-910

名称

低周波治療器 ハイボルテージ EU-910

メーカー

伊藤超短波株式会社

カテゴリー

ハイボルテージ

概要

EU-910なら、高精度のBNR・ERAを実現した超音波治療器と、電気刺激(ハイボルテージ)モードを搭載した低周波治療器を一台に。

特徴

EU-910なら、高精度のBNR・ERAを実現した超音波治療器と、電気刺激(ハイボルテージ)モードを搭載した低周波治療器を一台に。
超音波と電気刺激(ハイボルテージ)を組み合わせたコンビネーション治療が可能。
疾患部に対し2つの刺激が働きかけることで、効果的な治療の幅が広がり、効率も高めます。

超音波治療について<ULTRASOUND>

深部に働く1MHz、浅部に働く3MHz。ミクロマッサージ作用と立体加温の効果。

1つのプローブで1MHzと3MHz対応。プローブの中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。1秒間に100万回(1MHz)または 300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、深部または浅部に直接刺激を与えます。

高精度のBNR(ビーム不均等率)・ERA(有効放射面積)を実現。

ハイボルテージモードは150Vを超える高電圧を用い、深部への刺激に適し、疼痛の軽減や血流の促進、可動域の改善などに用いられます。またMCR モードは極めて微弱な電気を用い、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進。神経や筋肉を興奮させないため、トレーニング後のクールダウンにも最適 です。

電気刺激治療について<Hi-Voltage/MCR/SEQ>

ニーズの高いHi-Voltageモード、MCRモード搭載

Hi-Voltageモードは150Vを超える高電圧を用い、深部への刺激に適し、疼痛の軽減や血流の促進、可動域の改善などに用いられます。またMCRモードは極めて微弱な電気を用い、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進。神経や筋肉を興奮させないため、トレーニング後のクールダウンにも最適です。

シーケンシャルプログラムで連続治療が可能

ハイボルテージモードからスタートしMCRモードでクールダウンする、5種類の連続治療プログラムを搭載。もちろんプログラムは、治療のプランに合わせ自由に設定の変更が可能。設定の手間を省き、効率的な治療が行えます。

無料相談受付中

080-6519-8797

お問い合わせフォームは
こちら

新規開業に
失敗したくないあなたへ

小冊子無料プレゼント
「整骨院の新規開業で失敗しない7つのステップ」
小冊子無料プレゼント