医療機器のリース契約ってどんなもの?

リース契約

整骨院を開業するにあたり、医療機器(治療器)が必要となります。ところが、内装工事に資金がかかってしまい、高額な医療機械はなかなか購入しづらいものがあります。そこで、運転資金を残しつつ医療機器を導入できるのがリース契約です。ここではリース契約のメリット・デメリットを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.リース契約って何?

簡単に言うと「リース会社が医療機器を導入する先生の代わりに購入して、医療機械を先生に一定期間貸す」というイメージです。もちろん、無料で貸してくれるわけがありません。金融機関も借入するときに金利が付きますよね。リース契約の場合はリース料率というものがそれにあたります。

2.リース契約の申し込み方

医療機器のリースの申し込み方法は、医療機器の販売会社から簡単に申し込む事が出来ます。導入する医療機器の見積もりをお願いし、支払い年数(回数)を決めてご自身のベストの支払いを決めると良いでしょう。

医療機器の見積もりとリースの支払い条件をお願いしても、それだけで契約とはなりません。リース契約が通すには与信(よしん)審査があります。必要事項を記入し、与信をかけます。そこで与信が通ればリース契約が出来るようになります。

3.与信(よしん)

リース会社からお金を借りるというものではないですが審査があります。
「リースを契約する方に支払い能力があるのか?」
を調べなくてはいけません。そのために与信をかけるのです。リース予定の医療機器と個人情報を調べる同意書をアリース会社に提出します。

リース会社は、
・リース料金は、高額ではないか?
・支払能力はあるか?
・消費者金融からお金は借りていないか?
・水道・ガス・電気料金の支払いをちゃんと払っているか?
・携帯電話の支払いは止まっていないか?
・反社会的勢力ではないか?
・犯罪を犯していないか?
などチェックしていきます。

審査が通れば、リース契約の審査はOKです。

4.リース契約のメリット

初期コストを抑えることができます

・多額の現金を必要としませんので抑えることができ、運転資金にまわせます
・事業経費として経費として処理できる
・経理上の手間が省けます。(資産計上しなくてもよく、減価償却等の必要もなし)

5.リース契約のデメリット

5-1.途中解約ができない

リースはリース会社が先生の代わりに購入しているので、途中解約は、できません。開業時は良く使っていたけど、途中から使わなくなったとしても残リースが残っている以上支払い続けなくてはなりません。

5-2.割高になる

最終的に安く医療機器導入できてお得なのは、金利がかかりませんので購入です。

まとめ

開業時、ほとんどの先生が利用するリースですが、毎月の支払の負担にもなります。しっかりと事業計画、返済計画を立てていきましょう!