アステオあれば何でも出来ちゃう!? SSP治療器 日本メディックス

SSP
今回は日本メディックスの新機種をご紹介いたします。
その名も・・・・・
「アステオ」です!!
低周波治療器の最高峰で深部まで電気を流して痛みをブロックできるSSP治療器!
微弱電流あり、中周波あり、ハイボルテージはもちろん、温熱まで。前回のアスピアの良いところをもちろん踏襲しています。

これで痛みの緩和!筋力UP!炎症抑制そして微弱電流でストレス解放効果も!!
1台導入するだけで何役もこなせる夢のような治療器です!!

SSPって?

さて、ここでSSPの痛みの緩和効果の秘密をご説明したいと思います。
刺さない針治療SSP療法は、中国の針麻酔をベースに、大阪医科大学麻酔科によって
「刺さない針治療」という発想から開発された治療法です。ツボ刺激の効果もペインクリニック、
鍼灸師の先生方に広く知られ、安全な痛みの治療法として臨床応用されてきました。
SSPの電極は電流が流れやすい材質を使っており、電流が電極の先端部に集中して針で皮膚を刺激したときと
同じような刺激を与えることができます。針って聞くと『痛そう』と思う患者さんいらっしゃると思いますが、
SSPは痛いというイメージがなく、針がニガテな患者さんに安心感を与えることができます。
 フレアパッド
そして、温熱もかけたい、電気もかけたいという先生には温熱プラス電気のフレアパットがあります。
時間短縮にもなりますよね。
そしてアステオはただの複合治療機ではございません!!
 

ハイボルテージも搭載


 ハイボルテージ

最近は多くの整骨院でも導入し始めたハイボルテージ治療器も搭載されています。即時鎮痛効果の他に固まってしまった筋肉や関節、腱にハイボルテージによる電気刺激で可動域の改善や血行促進を促していきます。

 

MCC療法による全身コンディショニング


 


全身通電MMCとは「マイクロカレントクロスセラピー」の略で細胞を活性化&治癒促進を微弱電流療法を全身に流して筋緊張の緩和、ストレス解放してくれるものです。
MCC療法は、全身調整微弱電流療法とも呼ばれ、両手首、両足首の4点のクリップで生体が外界および体内環境の変化を受けても、体温や血糖値、血液酸性度などの生理状態を常に一定範囲内に調整し、恒常性を保つことをいいます。ホメオスターシスともいわれ、日本語では「生体恒常性」と訳されます。
 MCCクリップで微弱電流を流すことでホメオスターシス(生体恒常性)を調節し、全身の細胞の活性化を促す新しい療法です。
通常の電気刺激療法の後療法として活用いただくと、より一層効果が高まります。

そしてそしてアステオの最大の特徴は。。。
〇〇かけながら〇〇もできます!

この〇〇は患者さんに使いたいエネルギーによって変えられます。
ハイボルテージをかけながら中周波
SSPをかけながらハイボルテージ
SSPをかけながら中周波
SSPをかけながら微弱電流など、多種多様の治療法が生まれます。

SSPと違うエネルギーを組み合わせることによって、
疼痛緩和
筋力アップ
筋緊張緩和
機能回復
免疫力の増加
冷え性の改善
姿勢改善
腰痛・肩こり改善
ダイエット
などの効果が! 
 
物療器

アステオ1台あれば、急性、慢性期の症状に、いろいろなエネルギーでアプローチできます!
・開業場所が広く取れず、機器がたくさん置けない
・患者さんが多くて時間をかけられない、時間短縮したい
という先生にピッタリです!

デモ器もご用意していますので、ぜひお試しください!!