失敗する整骨院と成功する整骨院の開業

夫婦開業

飛び込みで訪問した整骨院さんがボソッと一言を言いました。

話を聞くと、先輩や友人が開業して、うまくいっているので、自分もそれを追って開業したとのことでした。

今やコンビニよりも多い整骨院。駅前や車で走っていると何件もの整骨院の看板を見ます。

そんな中、シャッターを下ろして閉院してしまう整骨院も多いのも事実です。

ところが、大手の整骨院グループは、次々に整骨院の新規オープンをさせていっています。

大手でなくても待合室に何人も患者さんが待っている整骨院があります。

なぜ同じ整骨院を開業するのに成功する院と失敗する院があるのでしょうか?

今回は開業に失敗する整骨院と成功する整骨院をご紹介したいと思います。

腕があるから大丈夫という先生は危険です

『〇〇療法を習ってきたから』

『外傷メインにやってきたから』

開業の打ち合わせで、そんな話を聞きます。辛い修行されてきた事は伝わりますが、非常に危険な考え方なんです。

開業時はゼロからのスタートです。患者さんは、あなたの事を知りません。

どんな技術を持っていて、どんな人柄なのかも分からない状態で患者さんは、来るのです。

『あの先生、凄い腕だよ!』

と口コミが出るのは、一度来院して初めて分かるものです。

整骨院の開業を成功させるには、商圏エリアに他の院がたくさんある中で、いかに新規の患者さんを得られるかどうかです。

ところが、腕があるからといって、ホームページも作らない、チラシで院の存在を知らせない、挨拶も回らない・・・・。

こんな状態では、思ったように患者さんは集まりません。私が打ち合わせをしてきた先生を見てきた限り、集客の対策をしていない整骨院は、患者さんが月に5人~10人しか来院せず、すぐに資金難に陥っています。

生活スタイルの変化

昔はクチコミだけで、紹介が生まれ、ご近所で

「あそこの先生、腕がいいわよ!」

という評判がすぐに広まって腕の良い院に患者さんが集まっていました。

ところが、今は評判を聞くまでもなく、スマホですぐに自分に合った整骨院を探せるようになりました。

整骨院の開業の数は、コンビニと同じくらいあり、競争がとても激しくなっています。

加えて、エキテン等の口コミサイトで、どの整骨院の評判が良いかもすぐに見つけられるので、ご近所さんから評判を聞く必要もなくなりました。

口コミしかなかった整骨院の評判が、スマホで検索出来きてしまう生活スタイルに変わっていったのです。

成功する整骨院のやっている事

一方、同じ状態で開業しても初月からたくさんの患者さんを集める整骨院もあります。何が違うのでしょうか?

それは、腕がいいだけではなく、ちゃんと集客の活動にも取り組んでいるからです。チラシやホームページ、立地、医療器械を使ったメニューもしっかり作って、患者さんが集まるように宣伝しています。

もちろん、治療技術はとても大切です。何より患者さんの痛みを早期にしっかりと除く技術は必要です。

ただし、これから開業される先生の場合は治療技術と同等か、それ以上に集客に力を入れなければなりません。

患者さんがたくさん集まり、経営が安定してから、より高度な治療技術を勉強されても遅くはありません。

開業に失敗しないためには準備です

 

内覧会のチラシやホームページの原案を考えるのも準備の1つです。特にホームページは、順位が上がってくるまでに3ケ月以上はかかります。

 

私が知っている先生は、勤務している時からブログを書き貯めていました。

症例だけでも腰痛で5つ、肩の痛みで5つなど、夜遅くまで働きながら、開業でスタートダッシュするために大変な努力です。

その努力が功を奏し、開業から患者さんを集められたそうです。

また挨拶回りも大事です。地域の方々に挨拶をしてしっかり院の存在を知らせましょう。

1対1で話すと、きっと体の不調がある事や患者さんになりそうな人を紹介してくれたりもします。

大手のグループ院の開業は、挨拶回りもちゃんとやっています。ですので、資金力があるから成功するのではなく、地域に溶け込める力があるから、成功するのです。

まとめ

失敗する整骨院は、技術があるから大丈夫と過信してしまい、準備をしないで開業してしまいます。ところが、成功する整骨院は、事前準備をして、院作りをしっかりおこなっています。

勤務している時に、開業準備をして開業からスタートダッシュさせましょう!