超音波フィジオソノは深達度が変わる! (酒井医療)

2018年、2月末、酒井医療から超音波治療器フィジオソノが発売されました。酒井医療さんのハイボルテージは、少しずつ治療院業界に浸透しましたが、超音波とのコンビネーションはできませんでしたが、いよいよフィジオソノで、ハイボルテージ+超音波のコンビネーション治療の開始です!

超音波

1.フィジオソノ

フィジオソノは、バッテリー式なので、ベッドサイドにコンセントがない施術室、屋外競技のトレーナーの方のために、開発された超音波治療器です。コンセントの場所を気にせず使用できます。ハイボルテージ治療器、フィジオアクティブと連動させて、コンビネーション治療ができます。

オススメのポイントは3つです

POINT 1 深達度を変えられるオルタネート(交互)モード

治療モード

プローブから発信される超音波は、
・浅い疾患部をターゲットにする3MHZ
・深い疾患部や大きい筋肉をターゲットととする1MHZ
が出力されます。

また、その両方を切り替えながら治療が出来るオルタネート(交互)モードが装備されています。

POINT 2 30分駆動のバッテリー

 バッテリー内臓

コンセントが近くにないベッドサイドや屋外での使用に重宝します。バッテリー内臓ですので、コンセントを気にせず、どんな場所でも治療ができます。

POINT 3 低出力超音波

低出力0.1W急性期にも使用できる0.1W/cm²の低出力超音波も発信できます。炎症の治癒を高めたり、浮腫を軽減する効果があります。

ハイボルテージ+超音波のコンビネーション治療

 導子を差し込む

すでに発売されているハイボルテージ治療器の「フィジオアクティブ」の導子を差し込めば、コンビネーション治療が可能になります!

コンビネーション超音波のマイクロマッサージ効果と高電圧の電流刺激で痛みやしびれなどに効果を発揮します。

骨癒合

オプションで固定式の低出力の超音波発信ができます。

製品仕様

寸法 250(W)×88(H)×170(D)mm

メーカー希望小売価格
698,000円(税抜)