干渉波治療器って何?

医療機器1.干渉波の歴史

1948年にオーストリアの博士ハンス・ネメックが干渉低周波治療器を医学会で発表しました。そののちドイツのネメクトロダイン社により、世界で初めての干渉低周波治療器を発売を開始しました。
この特許が切れると干渉波は世界中に製造し始め、日本も含めて開発・製造販売しリハビリ施設・治療院に広まっていきました。

1-1.干渉波の仕組み

干渉波は、他の電気治療器と同じで疼痛緩和に効果があります。低周波治療器は、主に太い神経を刺激し痛みの伝達をブロックする作用があり主に皮膚表層をターゲットにしています。低周波に対して干渉波は、主に筋肉に対しポンピング作用で血流を促進させ発痛物質を除去し、主に深層の筋肉の痛みに対して効果を発揮します。

1-2.干渉波の周波数

干渉波は、主に中周波領域(1000ヘルツ以上)の周波数を使用していますので電流を流しても、皮膚抵抗を受けにくく電流の出力を上げる事ができます。ですので、ボリュームを回して出力を上げても痛みを感じにくくなってより多くの電流を流すことができます。その結果、深部の筋肉が反応するまで電流を上げていけるのです。

1-3.干渉低周波

実際の電気の流れ赤いカップが5000Hz 白いカップが5010Hz流すとすると、5010-5000で10Hzの低周波の感覚が産み出されます。赤いカップが5100ヘルツだと100Hzの低周波が生まれます。
ですので、干渉波の正式名称は『干渉型低周波治療器』という名称になります。

2.干渉波の効果は?

疼痛緩和
血流の改善
筋肉の緊張の緩和
などを目的としています。首・肩・背中・腰・膝など広範囲な部位でも治療することができます。

3.主な適応症

3-1.肩のこりや痛み

肩のこりや痛みは頸部、肩部の不快感や重だるさ、肩が張っている末梢の血流の循環を目的に使用しましょう。

3-2.筋筋膜性腰痛

腰部に痛みや張りをがあり可動域の制限がある場合、緊張を和らげ、痛みの緩和で使用します。

3-3.坐骨神経痛

臀部や下腿部にしびれがある場合、炎症や痛みの緩和、筋緊張の緩和に使用されます。

3-4.変形性膝関節症

膝を囲むように電流を流し、炎症と痛みの緩和、その他筋肉の増進に使われます。

4.禁忌

4-1ペースメーカー装着の方

電気刺激が埋め込んだ電子機器の機能を妨げる恐れがあり、心拍の拍動を変えてしまう恐れがあります。

4-2糖尿病などの末梢循環による知覚障がい者

電気刺激で痛みや熱いなどの刺激を感じ取れない場合があるので、必要以上にエネルギーを与えてしまう恐れがあります。

4-3酒気を帯びた人

上記と同じで感覚が鈍り必要以上にエネルギーを与えてしまう恐れがあります。

などが主にあります。

5.各メーカー紹介

ミナト医科学 SK-10WDX

日本メディックス セダンテネオ

伊藤超短波 ES-400

まとめ

干渉波はいまだに多くの整形外科や整骨院に使われています。痛みの緩和と損傷部位の治癒、関節可動域の広げる目的としても使用されています。選ぶ際は、価格はもちろんのこと、治療内容、ベッド数、施術時間をしっかりと決めてから選びましょう!