夫婦で整骨院開業のメリットとデメリット

夫婦開業
地域にもよりますが整骨院がいくつも存在する街は少なくありません。そのため整骨院を開業をしたとしても成功するとは限らないです。特にすでに多い場所で開業する場合は集客の面で苦労することが想定されます。
 
そこで重要になるのは整骨院開業を成功させるための取り組みをいち早く行うことです。スキルを高めたり広告を出したりするなど、いろいろな取り組みが考えられます。しかし、それらはもう使い古された定番の手法であり、予想していたような効果を上げられない可能性があります。大切なのは他との差別化を積極的に図ることです。もし夫婦で経営していく予定であれば、その強みを最大限に活かすことを考えましょう。
 

妻が受付をやるメリット

 
たとえば妻が受付をやると、いろいろな良い効果を見込めます。単純に人件費を節約できるのが大きなメリットです。受付のスタッフを一人雇うだけで多くの支出が発生することになります。
 
それでも年間で数百万円の支出になる恐れがあります。特に厚生年金などの社会保険に加入させる場合はそうなる可能性が高くなるでしょう。法律で義務が定まっているので、一定の条件を満たしている場合は避けられません。妻が担当してくれるとそのような出費を伴わずに済みます。
 
特に開業したての頃は収入より支出のほうが多くなり、利益の出ない状態が続きやすいです。したがって経営が軌道に乗るまでは赤字経営が続くことも珍しくはありません。開業費を融資してもらった場合は赤字の額が驚くほど大きくなるケースも見受けられます。
 
そのような状態で人件費まで支払っていると、ますます黒字になるまでに時間がかかってしまいます。そのような事態を招かないための対策として、妻に受付を務めてもらうことは有効です。ただし妻に支払う給料があるため、厳密には人件費がなくなったことにはなりません。
 
しかしその給料は自分たちの世帯収入になるので、実質的には支出と考えなくても良いでしょう。それどころか支払った給料は経費と同じ扱いにできるので、収入から差し引いて所得を下げるのに役立ちます。税金は収入ではなく所得にかかるため、整骨院を運営していくうえで節税の効果も見込めるということです。
 
いくら収入が増えて赤字経営から脱却しても、納税額が高ければ手元に残るお金が少なくなります。自分がオーナーである場合は、節税を考えることは重要な役割と認識しておくことが大切です。このように夫婦で協力することによって支出や課税額を減らすことが可能になり、資金面で大きな恩恵を受けられるメリットがあります。
 
妻が受付をやると他にもさまざまなメリットを得られる可能性が高いです。たとえば顧客に好印象を与えて、リピートしてもらいやすくなる効果を見込めます。固定客だけで満足していては集客のアップにつながりません。新規の顧客は第一印象でその整骨院に通い続けるかどうかを決めることが多いです。
 
そして最初に顧客に接することになるのは受付のスタッフです。つまり、そのスタッフの印象が集客の大きなカギを握っているといっても過言ではありません。他人を雇用して任せた場合は事務的に済ませるのが一般的です。
 
自分の職務を遂行しているのであって不真面目というわけではないですが、与える印象が良くならないと考えられます。それに対して、妻の場合は何とか集客力を上げたいと考えているので、好感を持ってもらえる対応を自然と心がけるでしょう。
 
受付のスタッフと施術を行う人の距離感が大きいと、顧客に不安を与えやすいというリスクが生じます。新規の顧客には受付のスタッフが妻かどうかは分かりません。名札を付けて分かるようにしておくと、安心感を与えやすいです。施術を行う夫のスキルなどをよく理解したうえで、適切な案内をしてくれると感じるからです。
 
また不明な点があって質問したときに、夫に細かく確認してくれることも期待できるでしょう。このように、夫婦なので距離感を心配する必要がないことは、実は顧客の心理に良い影響を与えやすい要因となっています。
 
ところが状況によっては、妻に手伝ってもらえなくなる事態も起こります。体調を崩して働けなくなることもその一つです。そのように短期的に離脱するだけなら大きな問題ではありません。長期的な離脱を想定した計画も立てておくことが肝心です。その代表と言えるのは妊娠と育児のタイミングです。
 
妊娠中は受付の仕事程度であれば続けてもらえるケースがよくあります。もちろん体調に留意する必要がありますが、座って続けられる仕事なので大きな負担がかかりません。一方で出産を終えてからは、育児がひと段落するまでは手伝ってもらえないと覚悟しておきましょう。
 
子どもが生まれたら、全てこなすと考えておかなければなりません。妻に頼りきりになる部分は作らずに、ご自身も妻の仕事内容を理解しておくことが大事です。