治療家が開業しても手厚い社会保険に入れるフリーランス社保とは?

治療家の悩みを解決し、院を安心して経営出来るようにする!
それが治療家作戦会議です。 
毎回違ったテーマで専門家の先生をお呼びし、接骨・整体院の売り上げ、収入アップの作戦を提示していただきます。

治療技術だけじゃなく、しっかりとした利益を出すための戦略・作戦を学び、構築しましょう!

『治療家が開業しても手厚い社保に入れるフリーランス社保とは?』
を開催します。

http://leadmedicalmagazine.com/fx/MDuxjX

5月13日木曜日 22時00分から23時30分まで。

国保(国民年金・国民健康保険)に加入中の個人事業主 フリーランスの方でも
社保(厚生年金・健康保険)に加入できます!

保障増加に社会保険料削減の可能性も!?

《 講座内容 》
2025年、団塊の世代が後期高齢者入り…
日本の人口バランスが崩れ始めてはや30年超、社会保険料の増大は止められません。

企業も業務委託契約を増やしています。
最近では、タ〇タや、あの電〇も…
企業は、業務委託契約の名のもとに、
高額な社会保険料の支払いと、
労働時間管理を手放すことができます。

国内には1,600万人の個人事業主・フリーランスさんがいます。
今後は2,000万人又は、全労働人口の半分になるかもしれません。

自分の生きがい、働きやすさを求めて
フリーランスは増え続ける…
しかし、その未来はなかなか甘くありません…
調べれば調べるほど、
同じ国民なのに、あまりに恵まれない・・・
不当に差別されてる、料金が高い・・・
国保(国民年金・国民健康保険)と
社保(厚生年金・健康保険)の差は歴然です。
この不公平な社会保障制度が
1961年4月から始まっているのです。

株式会社インプルメント
代表 横井氏

2017年2月
顧問弁護士・顧問会計士と共にフリーランス社保の仕組を完成させました。

2021年4月
新たな料金体系でパワーアップしたフリーランス社保がスタートします。

果たしてあなたが抱える社会保障上の問題点とは?
そして、それを解決する糸口とは?
フリーランスの方にも将来の安定を届けたい!

当日までに、参加者の方に『山崎紀之』のアカウントから友達申請&メッセンジャー送らせていただきます。

☑︎5分前には入室してください。
☑︎zoom参加時、名字の表記をお願いします
☑︎ 生活音によりセミナーに支障がある場合、ミュートをお願いする場合があります
☑︎途中、写真を撮ります。SNSに顔出しNGの方はご遠慮ください。

参加費は無料です!

http://leadmedicalmagazine.com/fx/MDuxjX